小学生でも出来るように

分かりやすく稼ぐ方法を公開しています!!


↓↓

無料レポートを受け取る

2010年07月01日

稼げるキーワードを探したいのなら


アドセンスの貼って稼ごうと思うと

1 検索数が多くて、クリック単価が安い
2 検索数が少なくて、クリック単価が高い

この2つのどちらを使えば
いいと思いますか?

結論からいいますが、これは両方です。

アドセンスサイトを作るうえで
クリック単価が高いキーワードは、
やはり欠かせないものとなります。

クリック単価が高ければ、
検索される回数やクリック率が低くても
効率よく収益を上げることが
できるからです。


1クリックで100円前後を稼いだサイトは、
クリック単価の高い広告が出ているか、
またはニーズの高いサイト、訪問者の欲求度が
高いキーワードがヒットしているんです。


もし1日100PV(ページビュー)あるサイトの
場合で、アドセンスのクリック率が5%、
クリック単価100円のアドセンスサイトがあれば

100(PV)×5%×100円 =500円

1日に500円稼いでくれる、と
いうことになります。


自分がまったく知識のないサイトでも、
ひょんなことからサイトを作成し、
1サイトで1〜2万円の収入を得ることも
めずらしくありません。

アクセスの集まりが悪くても、
それだけ訪問者の悩みをピンポイントで
解決するようなサイトを作ってみるのも、
稼ぎを伸ばすには非常にいい方法です。

適当に作って「お!稼げた」というのも
有りですが、最初からちゃんと
考えて作り込んでいけば

それだけ無駄な時間と労力を
使わなくて済みますよね?

受験勉強をした人なら分かると思いますが
試験に出る可能性のある英単語から
覚えていったはずです。

参考書もそういう作り方をしています。

「これ、試験に出るか出ないか分からないけど
とりあえず4,000語を覚えておけよ〜」

というような予備校なら誰も
受講生がいなくなってしまいます。

やみくもに英単語を覚えていっては
試験に合格するために、無駄な時間を
使ってしまいます。

ネットビジネスも一緒です。
アドセンスも一緒です。

出るか出ないか分からない英単語を
覚えていきたいなら、私は止めませんが
具体的な稼げるキーワードを知りたいのであれば

>> 無料でこれくらいは勉強できますよ
posted by 何も考えずにあることをするだけで小遣いを稼ぐ主婦 at 14:21| Comment(0) | ネットで稼ぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。